Wordpress のサーバー移転(引っ越し)で見知らぬ方に助けていただいた話

  • 2019.03.03 Sunday
  • 23:15

JUGEMテーマ:WEBデザイン:ホームページ制作

 

世の中には救世主が実在するのだと痛感した話をご紹介します。

 

クライアントのサイトで契約しているレンタルサーバーを移転

 

日頃お世話になっている埼玉県の不動産会社では、2つのドメインが存在していて、片方は2013年頃に私が制作したサイトになりますが、もう片方のドメインはそれより昔に別の業者で作られていたサイトで、双方は契約しているドメイン業者もサーバー業者も異なっていました。

 

2019年に入り、当該企業の社長から「(別の業者に制作してもらったサイトを)SSL化してもらいたい。そしてこれを機に契約していたサーバーの維持費が高いから、ロリポップレンタルサーバーに移行してもらえないか」とのご相談を賜りました。

 

ここで、今回の契約業者について、箇条書きで整理しておきます。
(A: 私がクライアントと知り合う以前に完成された別業者制作のサイト、 B: 私が2013年に構築して現在まで管理しているサイト)
A: ドメイン:サーバー = お名前.com 独自ドメイン:お名前.com 共用レンタルサーバー
B: ドメイン:サーバー = ムームードメイン:ロリポップレンタルサーバー

 

つまり、今回私が受けた依頼内容は「Aで使っているサーバーを、Bと同じロリポップに移行させたい」です。
Bで以前から契約しているサーバーには空き容量が大量にあるため、別途サーバーの契約をする必要はありません。Aのサーバーにアップロードしているファイル一式を、一旦ローカルにダウンロードした上でBにまるまるアップロードすれば終了です。

 

大量に存在するWordpress関連のファイル一式のダウンロードが難航

 

ところが、Wordpressを含めたAのファイル数や容量は思いのほか大量にあったことも影響し、お名前.com 共用レンタルサーバーにアップされてあるファイル一式をFTPソフト(私が使っているのはFilezilla)でダウンロードしても、接続が途中で切れることが頻発して、ダウンロード漏れの危険が…。
しかもダウンロード時の接続が頻繁に途切れるため、仕事にスピード感がまったく伴ってきません。果てはイライラしてしまう始末。

 

困っていた私に救いの手を差し伸べる人が現れる

 

で、その心情を何気なくツイッターに投稿したところ、そこにとあるアカウントからのリプが届きました。

 

20190303リプ

 

リプ主のアカウントを見ると「出張ホスト」という文字列があったので、「出張ホスト? 何だろう? デリヘルみたいな業者?」と不思議に思ったのですが、そこにはプロフィール欄に「WordPress、PHPのご質問にも回答しています。」との記述が。

 

20190303エテルナさん

 

何者なのかわからないが、自分の進めている業務が暗礁に乗り上げていて困っていたタイミングだったので、藁にもすがる思いで試しに返信してみました。すると、エテルナさんには第一印象ほどの怪しさは全くなく、やりとりをする中で親身に応じてくださっていることがすぐに伝わりました。
そして、それが伝わるほど、私の抱えていた懸案事項も自ずと解消されていったのでした。

 

サーバー上にある大量のファイルを漏れなく確実に遷移させるための圧縮方法

 

すると、エテルナさんは(私のために書いてくださったわけでもないとは思いますが)下記のような記事をアップされて、それを私にご教示くださいました。サーバー上にあるファイルを圧縮・解凍する方法がわかりやすく書かれています。

 

▼ WordPressのファイル一式を、サーバー上でzipに圧縮したり解凍したりする方法

https://club-eterna.net/info/other/12125/

 

対応後に契約を解除してしまう旧サーバーにあったファイルの取りこぼしは御法度なので、まずエテルナさんから教わった圧縮ダウンロードの方法を実践。前後の手間こそ多少あったものの、FTPダウンロードで途中に接続が途切れるストレスに比べれば何のその。安全・安心のダウンロードができた点で、この手法は人にも勧めたい手段でした。こんな安心の手段があったとは…目から鱗です。

 

圧縮ダウンロードしたファイルを新サーバー(ロリポップ)に上げたら、そこでの解凍方法も上記URLを参照すれば一発解消です。とてもわかりやすい!&安全。

 

【重要】phpMyAdmin のバックアップ&エクスポート&インポート

 

一方で、私自身は phpMyAdmin のインストールも実施。
( phpMyAdmin は現在ほとんどのレンタルサーバーに標準インストールされていますが、お名前.com 共用レンタルサーバーにおいては個別でのインストールが必要なのでご注意ください)

 

phpMyAdmin をお名前.com 共用レンタルサーバーの方にインストールしてからは、エクスポートをしてバックエンドのデータベースをローカルに保存します。(このデータベースがないと、移行先のサーバーでWordpressのデザイン一式や過去の投稿内容も復活できません)

 

移行先のロリポップレンタルサーバーには phpMyAdmin がデフォルトで搭載されているので、管理画面から「サーバーの管理・設定」→「データベース」とたどれば phpMyAdmin を開けます。ログイン画面でログインしたら、データベース(〜.sql.zip)をインポートします。

 

phpMyAdmin に関する一連の作業は自分でどうにかできたものの、エテルナさんがアップされた記事が教科書となったことは強調するまでもありません。それでも移行先のロリポップレンタルサーバーでWordpress全体が正常に移行できていないようで…。デザインも過去の投稿分も反映されず…
このまま自分で格闘してもデメリットしかないと思い、私は支出覚悟で知り合いのSEさんにメールで相談。そして相談した旨をツイートしました。

 

 

20190303リプ2

 

問題解決まで惜しみなくエスコートしてくれたエテルナさん

 

すると、ここで再びエテルナさんがリプを下さり、「SEさんに依頼されたのなら、もう大丈夫ですね」と。前述のやりとりから1日経っていたのですが、エテルナさんは私のアカウントを気にかけてくださっていたのだなぁ、と。

相談したSEさんからは返信がないタイミングだったこともあり、恐縮しつつもエテルナさんに再び相談することとなりました。具体的なURLを聞かれたので、それ以降はリプでなくDMでのやりとりに推移。

 

暗礁に乗り上げているポイントと、現時点で私が進めた内容などをキャプチャー画面付きで具体的に説明しました。FTPや wp-config.php に記述するパスワードについてはまるまる開示するのを躊躇したため、一部モザイクをかけた上でDMに添付したのですが、それでもエテルナさんは粛々と私の相談内容について、ファイルの操作指示や手順を丁寧かつ的確にレクチャーしてくださいました。

 

その結果、(PHPやMySQLに弱い私が勉強不足のせいでモタモタしてしまったのですが)数時間で移行先のロリポップレンタルサーバーにワードプレスを無事に引っ越し完了。Wordpressのファイル一式とデータベースをまるまる移行できたら、移行先のサーバーでもログイン画面で同じIDとパスワードが使用できるので、その点でも効率的な作業となりました。

 

総括

 

今回のWordpress は、私個人のものではなく、クライアント(取引先の会社)の社長が日々地道に更新していたものだったため、万が一Wordpressのお引っ越しに不備があったり、過去の投稿内容が消えてしまったりしようものなら、責任問題・信用問題に発展するところでした。それだけに、今回は私にとって絶対にミスが許されない業務だったので、的確なアドバイスをして私の業務完了をサポートしてくださったエテルナさんへの感謝と敬意はとても強いものとなりました。
 

エテルナさんには日々お忙しいはずでしょうに貴重なお時間を割いて相談に乗っていただき、そして私が直面していた壁を取っ払ってくれたことに感謝しかありません。と同時に、自分のPHP、MySQLのスキルがまだまだであることも再認識した次第です。
私はデザイナー兼フロントエンドのマークアップエンジニアなので、HTML/CSSなら問題ないですが、バックエンドが絡んでくると一人ではこなせないなと痛感。

 

甘えっぱなしになると多大なご迷惑となりますのであまり連絡しないように注意したいですが、今回のようにまたどうにもならなくなったら、エテルナさんの金言を再び拝借したいと思います。

 

出張ホストの事業も展開なさっているだけあるのか、エテルナさんのホスピタリティ(サービス精神、おもてなし)には頭が下がるばかりでした。

JRA ウインズ横浜 ハマの番長出演 香港競馬イベントポスターデザイン他

  • 2017.12.08 Friday
  • 14:02

“ハマの番長”こと三浦大輔元投手が12月10日、ウインズ横浜に登場します。
http://jra.jp/news/201712/120205.html

 

こちらのイベントを宣伝する広告デザインを担当させていただきました。

「競馬に疎い方にも多くウインズ横浜に来ていただきたい」のがコンセプトだったので、競馬色は控えめにして、ベイスターズのお膝元であるハマの番長を全面に押し出しました。

 

番長デザインの広告は、紙のポスターないしはデジタルサイネージ(駅の柱などで近年よく見かける電子広告板)にて10日まで掲載されます。当日は、中央競馬の馬主でもあるハマの番長がウインズ横浜で香港競馬の予想も披露する予定です。

 

番長のイベント(香港競馬)が終わった11日以降は、広告のコンセプトも変わって「有馬記念」を全面に押し出した広告に。有馬記念当日がクリスマスイブなので、クリスマスデザインとしました。

 

ほか、28日(ホープフルS)にもウインズ横浜でイベントがあるので、雪景色をテーマにした広告もデザイン。

 

今回の制作物は「交通広告」なのでで、横浜駅を中心に各駅に掲載中です。

・横浜駅(JR・京急・東急・相鉄・ブルーライン)
・みなとみらい駅(みなとみらい線)
・元町・中華街駅(みなとみらい線)
・桜木町駅(JR・ブルーライン)
・日ノ出町駅(京急)

 

横浜市民や横浜とご縁のある方しか現地で見かけないかもしれませんが、もし見かけたら立ち止まってご覧いただけますと幸いです。
そしてよかったら週末ウインズ横浜にも遊びに行ってみてください。プレゼントもあります。

「Yahoo!乗換案内」の盲点

  • 2017.11.29 Wednesday
  • 01:43

先日、金曜日の夜に少し早めの忘年会があって参加してきました。
渋谷で会社員をしていた頃の職場の先輩と、某競馬専門紙の元記者と3人で。

 

1軒目は西新宿で、そのまま解散にならず2軒目は奥渋(渋谷)のバーへ。
バーで飲みながら終電を気にしていた私は、iOSの「Yahoo!乗換案内」アプリで終電をチェックしていました。

アプリで終電を確認した上で、複数の帰路があった中でも最も遅い「東急東横線」の急行に乗って横浜まで行けたらOK。。と思っていたのですが…。バーを出たのが5分ほど遅かったせいで、渋谷駅で東横線の急行に乗れませんでした。


「Yahoo!乗換案内」で終電の検索結果を鵜呑みにしていた私は、他に手立てがないと思い、「とりあえず横浜駅まで移動して、横浜駅周辺のネットカフェでJR東海道線の始発まで仮眠を摂る」つもりで、東横線の各駅停車に乗りました。
東横線、金曜日の終電だけあって混んでたなぁ。日吉あたりまでは混んでたな。

 

横浜駅に着いたのは日付が変わった 0:37 頃。
さぁ、横浜駅周辺のネットカフェを探そうと思った矢先、JRの改札前を通ると、なんと京浜東北線で大船まで行ける終電に乗れるチャンスがあったため、急遽改札を通り、京浜東北線で大船まで行きました。

藤沢駅周辺の有料駐車場に自転車を止めていたため、大船〜藤沢間ならタクシーに乗ってもいいかなと思っての、京浜東北線乗車でした。
さすがに、横浜駅〜藤沢駅はタクシーを使う気になりませんのでね。万券(1万円札)飛びますので。

結局、大船から藤沢駅の駐輪場前まで深夜タクシーを使って、深夜2時前にどうにか帰宅したわけですが…


ところが、帰宅後に Mac を起動して Yahoo! の路線情報を開き、「他の手段はなかったか」と調べてみると、タクシーいらずの乗り方があったことを知り、唖然。。。

私が東横線の急行を逃した5分後に、JRで「品川・東京行きの山手線」に乗っていれば、品川駅で東海道線の終電にギリギリ間に合っていたことが判明しました。
もちろん、品川駅でスムーズに乗り換えを済ませられることが前提ですが。

 

品川経由の行き方は「Yahoo!乗換案内」アプリの検索にも出てこなかったのですが、23:40頃に乗る渋谷発ー藤沢着のルートで品川乗り換えはマジョリティーではなかったのかもしれません。

 

東横線の急行を逃しても山手線に乗れば、東海道線の終電にギリギリ間に合うことを勉強しました。授業料はタクシー代です。

 

「Yahoo!乗換案内」アプリは基本的に優秀ですが、完璧ではないようで「盲点」もあるので、現在地から自宅最寄り駅への帰り方が複数ある人は、切羽詰まる前に徹底的な事前調査をしておいたほうがいいかもしれません。

 

長文、失礼いたしました。