ドラゴンボール '17 天下一武道祭 で展示パネルデザインを担当

  • 2017.08.11 Friday
  • 17:03

JUGEMテーマ:DRAGON BALL

 

昨日から池袋のサンシャインシティで開催中の「ドラゴンボール'17 天下一武道祭」にて、展示パネルのデザイン数点を担当させていただきました。

20170810天下一武道祭1

このイベントは、初期のドラゴンボールからドラゴンボール超、そしてスーパードラゴンボールヒーローズを含めたDRAGON BALLシリーズの展示や催し物です。そして私がデザインを担当したのは、展示物3点です。
・ドラゴンボール歴史年表

20170810天下一武道祭2
・SHFiguarts 展示パネル+什器内パネル

20170810天下一武道祭320170810天下一武道祭4
・スーパードラゴンボールヒーローズ 暗黒帝国編 歴史年表

20170810天下一武道祭5
 

納期がタイトだったこともあり、受注期間中は何度か徹夜で対応しましたが、こうして無事にイベントの会期に間に合ってよかったです。
そして会場では、来場者が立ち止まって私の担当したパネルをじっくり見たり読んでいる様子を散見して、嬉しく思いました。


お盆が近いせいか、場内は平日にも関わらず多くの家族連れを中心に賑わっていたので、お盆や週末にはさらに賑わいそう。
来場した方が私のデザインしたパネルをじっくり見たり読んでいる様子を散見して、担当した甲斐があったなと思いました。漢字の上にはルビ(ふりがな)を振っていますので、小学生のお子さんも難なく読めます。

 

私個人は、自分の担当したパネルがどのような感じで展示されているかを、この目で確かめる目的で足を運び、自分が担当していない他のブースを視察しに行った感じです。

 

こちらに載せた写真にあるもの以外にも、多くの展示物や催し物が盛りだくさんの「ドラゴンボール'17 天下一武道祭」は、夏休み期間中(8月27日まで)開催しています。
この夏休みは是非、池袋のサンシャインシティへ☆

20170810天下一武道祭6

本日、徹夜明けにつき…

  • 2017.07.25 Tuesday
  • 23:46

「月曜から夜ふかし」なんてもんじゃなく「月曜から徹夜」だった今週。

火曜日の朝イチで提出しなければならない初稿の案件があり、間に合わせるには徹夜せざるをえなかったためです。。

 

外が明るくなっている5時半頃に、休憩がてら近所のセブンイレブンへ行っておにぎりを2つ買ってきて糖質チャージ。

デザインを全体的に整えてPDFで確認して不備を見つけて修正してたら、クライアントにメールで送れたのは朝7時台でした。

 

不思議なもので提出してもすぐには眠れなくて、少しテレビを観てから8時半頃にやっと寝ました。

13時過ぎに起きましたが、今日は終日眠かった。。。眠たい

 

でも寝る間を惜しんで作ったのが結果的には良かったです。

先方にも気に入ってもらえたようなので。

 

追加の発注もいただきましたが、次は徹夜を回避して対応できればと考えております。

(ちゃんと寝ないとダメなタイプなので)

フリーランスの屋号

  • 2017.07.02 Sunday
  • 02:07

理想は自分の事業を法人化して会社組織にしたいのですが、節税の観点から個人事業主のままで独立から5年以上が経っています。

今回は、個人事業主(フリーランス)が各々つけている屋号の話を。

 

当方の屋号は「Criar」と書いて「クリアール」と読みます。

Criar とは英語ではなく、create(クリエイト)のポルトガル語。

英語にしなかったのは、他に存在する(かもしれない)屋号とのブッキングを防ぎたかったからで、ポルトガル語を選択したのは 私が2004年から個人運営している南米サッカー情報サイト「Cartão Amarelo」 がブラジルサッカーをわりと取り上げているからでした。

 

そもそも独立したばかりの2012年6月には屋号を設ける発想すらありませんでしたが、当時お世話になっていたクライアントの社長から「法人化していなくても屋号はあったほうがいい」とのアドバイスを受けたことが契機になり、屋号を考えるようになりました。

そのときに決めた屋号は現在のCriarではなく、applered(アップルレッド)というものでした。

 

applered の由来は、私が所有しているエレキギター Fender Jaguar のカラーネームが「Candy Apple Red」だからで、仕事とまったく関係のないネーミングでした。

その屋号を決めて、自分でロゴをデザインし、名刺を作ってクライアントに渡していたわけですが、なんとなくつけた屋号を自分で口にするのが恥ずかしくなっていた私。

すると次第に「屋号の由来にもっと自分なりの信念を内包させないとダメかもな」との思いが大きくなっていって、やがて現在の Criar に屋号を変更した…そんな経緯がありました。

 

途中で屋号を変更するにあたり、名刺や屋号サイトの作り替えはさておき、自分自身の業務やクライアントとの関係に支障をきたさないか…という不安はありましたが、それは杞憂に終わりました。

 

applered と Criar 。

屋号を後者に変更してから仕事が回り出したのはただの偶然で、屋号が個人事業主の命運を左右するとは思っていません。

それでも自分自身の看板でもある以上、屋号は「胸を張れる由来でいて、そこに信念を込められる名称」であるほうが望ましいとは思っています。

 

criar には「作る・創る」だけでなく、「生み出す」、「育てる」、「創出する」、「創案する」など複数の意味がありまして、デザイン業務だけでなく、イラストを描いたり、サッカー記事を執筆したり、多角的に制作事業を展開している身には適した単語だと自負しています。

 

かつて、フリーランスとしての屋号を適当に決めてしまった経緯を踏まえて、あれこれ書いてしまいました。

今後独立する予定の人や、すでに独立しているが屋号を決めていない人が、それぞれ真剣に考え抜いて屋号をつけてもらえればこれ幸いです。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM